banner

資本金の現物出資

会社設立の豆知識、資本金の現物出資について

資本金の現物出資会社を作る上で資金が必要になります。資金は定款認証費用や印紙代、登録免許税、資本金などで利用するものであり、資本金を除けば株式会社であれば約20万円、合同会社であれば約6万円と言った費用で設立が可能です。

尚、現在は1円から会社設立が出来ますが、資本金は会社の指標とも言えるものであり、1円と言う金額で会社設立をするケースは無いと言われています。
一般的には、300万円や500万円と言った資本金を払い込みして会社設立を行うと言われており、資金としては300万円以上が必要になると言う事です。

しかし、会社設立時の資本金はお金だけではなく現物出資が認められています。
現物出資と言うのは、パソコンや自動車、有価証券、債券などのような金額に換算する事が出来る方法です。

現金以外の出資が認められたのは会社法が改正されたことで定款に自由度が高まっているからだと言われています。
定款は会社の憲法などと呼ばれている会社の基本的な事項を定めているもので、株式会社を設立する場合は定款を公証人役場に持参するなどして認証を受ける必要が在ります。

尚、定款には紙と電子データの2種類が在り、電子データを利用した定款認証を電子定款認証と言います。
電子定款認証の場合は、定款に貼り付ける印紙代が要らなくなるため、印紙代を節約できると言ったメリットを持ちます。
但し、電子定款認証の場合は専用のソフトウェア、ハードウェアと言ったものが必要となり、これらを購入するよりも紙の定款で印紙代を支払った方が安くなります。

しかしながら、会社設立の代行を手掛ける会社に依頼をすることで、定款の認証手続きや書類の作成などについての代行を受ける事が出来、代行会社は電子定款認証を可能にするソフトウェアやハードウェアを用意しているので安く設立が出来ると言ったメリットも在ります。

また、代行会社は行政書士などが業務を担っており、定款を定める際のアドバイザーになってくれますし、現物出資で会社設立を行う時なども、定款の中で資本金については現物出資によると言った定めを作り上げる必要で在り、定款のどこで現物出資について定めれば良いのかなどを教えて貰う事も出来ます。

このように、定款は会社をこれから作る上で便利な存在になってくれるものでもあり、定款を会社設立時にきちんと定めておくことで設立後の会社経営をスムーズに行えるようになったり、経費の節約に繋がるような効果も期待出来ます。

Copyright(c) 2016 . 会社設立のノウハウを学んで会社設立を盤石に All Rights Reserved.