banner

連帯保証人について

会社設立時の連帯保証人について

連帯保証人について会社設立自体は連帯保証人は不要ですが、金融機関から融資を受ける場合には連帯保証人が必要になります。会社設立自体は、あまりお金がかかりませんが、会社を設立しただけでは何も意味はありません。社員を雇用し商業活動を行い、利益を追及する営業活動をするのが会社です。そのためには、事業資金が必要です。人を雇用するのも、広報活動をするのもお金がかかります。

何人かで共同出しして会社を設立する場合に、代表以外の人間が連帯保証人になることがあります。仲のいい友達同士で会社を設立する場合でも、誰かが代表になり、誰かが連帯保証人になるのは危険なことです。会社の立ち上げ時はいいのですが、経営が上手くいった場合でも、お金の話でもめますし、経営が失敗した場合でも、お金の話でもめるものです。

会社設立自体は何も生み出すものではないのですが、会社を経営するとお金や人や会社の関係が発生してきます。会社を経営するには多額の資金が必要になります。自分たちで用意できればいいのですが、なかなか運転資金を貯めるのは難しいものです。どうしても金融機関から資金調達することになるかと思います。会社設立は夢だけではできません。

会社を運営していくのは多額のお金も人も会社もからんでくるものです。自分のやりたい事業を、気に入った人間で始めても、お金がショートしてくると人間変わっていくものです。運転資金に余裕のある段階ですと、あまり気になりませんが、資金がソートしてくると、お金のことばかり考えるものです。経営者だからといって特別な人間ではありません。

普通の人と同じで、お金の余裕のあるときには、精神的余裕もありますが、お金がなくなってくると精神が不安定になってくるものです。とくに経営者の場合には、多額のお金が動きます。売上が上がらなくても、社員に給料を払わなくてはいけません。払いたくなくても払わないといけません。普通の人なら、借金して他人にお金をあげるなんて考えられないことですが、経営者は借金して社員に給料を払わないといけません。

そうしなければ会社が潰れるからです。会社設立をするということは責任が発生することです。会社を営んでいく以上、他人に、他の会社に責任が発生します。そして、連帯保証人は社長と同じ金銭的責任を被ります。その辺を考慮して会社設立を検討したほうがいいと思います。会社を作るのは誰でもできますが、会社を経営するのは誰にでもできることではありません。

Copyright(c) 2016 . 会社設立のノウハウを学んで会社設立を盤石に All Rights Reserved.