banner

目的について

会社設立の主な目的について

目的について会社設立をするということは企業を設立して社長になることを意味します。単純にその様な社長業につくことを目的にしている人も少なからず存在していますが、多くの企業を設立してビジネスを成功させていく実業家の場合には会社設立自体が目的であるということはありません。会社設立をすることによって得ることの出来る様々なメリットを得ることを第一にしていると言えるでしょう。事業を行うだけであればわざわざ会社設立をしなくても行うことが出来ます。

例えば個人事業主などはその代表例であり、実際にその様な立場でビジネスを行っている人は少なくないのです。しかしどのような形で事業を行っていたとしても、ある程度の規模の事業に育ってくると会社設立を視野に入れて活動をするようになってきます。その背景には様々なメリットが存在している法人設立の仕組みがあると言えるでしょう。

まず個人事業としてビジネスを行う場合と、法人を設立してビジネスを行う場合の大きな違いは、会社と言う法人があるか無いかです。法人が無い場合は全ての収入が事業主本人のものになると言う仕組みがありますので、事業規模が小さい内は問題が無いとしても様々な点で不便が生じてくると言えるでしょう。

例えば事業収入と個人収入の切り分けが面倒であると言えるでしょう。会社設立をすれば会社の口座を作ることが出来ますので分けて管理することは容易ですし、課税の仕組みも個人とは切り離して考えることが出来ます。事業が大きくなり複雑な取引を行う様になるとこの様な仕組みが有益になるのです。同じように税制上のメリットも大きく得ることが出来ますので金銭面でのメリットが非常に大きいのが会社を作ると言う目的の一つになり得るのです。

また責任の所在についても法人設立には大きなメリットがあるのです。個人事業主の場合には事業上の責任は全て事業主本人の無限責任となります。しかし会社を作っているのであれば資本金を上限とする有限責任となります。そのためリスクを制限することが出来ると言うのが経営者にとっては大きなメリットであると言えるでしょう。

一方で責任能力の大きさは信用の程度とも比例しますので必ずしもメリットばかりではありませんが、個人で責任を負う状態であるよりは責任能力が見て取れるということから信用が増すという性質を持っているのです。この様ないくつかの点でメリットを得ることが出来るのが会社設立の特徴であり、この仕組みを得るために会社を作るのです。

Copyright(c) 2016 . 会社設立のノウハウを学んで会社設立を盤石に All Rights Reserved.