banner

投資制度について

会社設立時の投資制度について

投資制度について会社設立には自己資金や金融機関からの借入ばかりを考えがちですが、資金調達の方法にはベンチャーキャピタルやエンジェルによる方法もあります。会社を設立しようと思っても、自己資金が少なく起業が行えない経営者の方は金融機関に借入の申請をするものです。昨今の不況により、金融機関の貸し渋りが進み、新規参入企業に対する金融機関の風当たりは冷たいものになっています。

会社設立時には投資制度もあります。ベンチャーキャピタルは新規立ち上げを行った企業の未公開株を広く公募するもので、エンジェルは投資家を自分で探すものです。会社設立時には信用も実績もありません。設立したばかりの信用も実績も無い会社を金融機関が相手にするはずはありません。そこで投資制度を利用するのです。

エンジェルを見つけて会社設立を行い、事業が軌道にのったらベンチャーキャピタルを利用して事業を拡大、株式上場を目指すのが、賢い起業の方法です。エンジェルは簡単にいえば足長おじさんです。仕事関係でも知り合いでも構いません。資金があり投資を行ってくれる人を見つけることです。すぐれた企画書や事業計画書を作っても、金融機関を説得するのは難しいものです。自分の作った事業プランに投資を行ってくれる投資家を探すことも営業です。

営業というと事業を営み利益を追求することばかり考えがちですが、金融機関に融資を仰ぐことも、投資家に投資を歓喜することも、同じ営業です。会社に入るのも同じことです。いくら仕事のできる人間でも、雇用してくれる会社が無いと仕事ができなかったりするものです。その場合は、会社がエンジェルであり投資家になります。

会社設立も全く同じです。会社を運営するための資金調達を行うのも営業ですし、利益を追求する営業活動も営業です。会社はお金が流れる仕組みです。資金調達の流れと売上をあげる流れの双方が円滑に機能していないと、会社は倒産するものです。これから会社設立をする方は、売上をあげることばかり考えずに資金繰りの面もきちんと考えて事業計画を練っていくように心がけましょう。

金融機関よりはベンチャーキャピタル、ベンチャーキャピタルよりはエンジェルに投資を歓喜したほうが簡単なのは誰でもわかると思います。エンジェルを見つけるには労力が必要で、金融機関に投資を歓喜するには説得力が必要です。どの投資制度を利用するかはよく検討してみてください。資金調達能力も経営能力の一つです。

Copyright(c) 2016 . 会社設立のノウハウを学んで会社設立を盤石に All Rights Reserved.