banner

源泉徴収

会社設立による従業員からの源泉徴収

源泉徴収会社設立後において、従業員等に対する所得税及び東日本大震災からの復興所得税について、通常源泉徴収をします。すなわち、給料等から差し引いて賃金等を支払うわけです。このとき、従業員以外でも例えば外部講師などを依頼すれば、その外部講師などに対する謝礼なども、源泉徴収を求めてくることがありますので、適切に対応をすることが求められるわけです。

また、個人レベルで士業の人に依頼をすることがあり得ます。その場合も講師などの時と同様に対応をしていきますので、所得税等を差し引いて欲しいと言われることが往々にしてあるものです。外部講師等に関してはその時々において、確認の上で対応をすることが求められます。個人で確定申告を行うので不要だと言われるためです。

士業の人の中には法人の設立をせずに、あくまで個人事業主として活動をしている場合があります。社会保険料の支払いを避けるために行ったりしているわけですが、その人たちに対しても源泉徴収をどうするのか尋ねるわけですが、個人で別途行うので所得税を支払わないで欲しいというケースもありますので、その都度確認をした方が無難です。

勝手に発行をすると言うことは避けて必ず確認を行います。発行時期にはそのタイミングでしっかりと発行して、その後も資源戦所得税があるのであれば、確実に申告、納税を行うようにしなければなりません。また、誰に対していくら支払ったのかについても報告を求められます。したがって、確実な対応をしなければいけません。

会社設立以後においては、様々な形において求められるものが多くなります。したがって、できる限り誠実に迅速に対応をしていくことは必須です。従業員についても外部の講師等についても、いくら支払ったのかを源泉徴収に明記することで、対応がしっかりと出来るものです。会社設立直後などで困った場合などは、顧問税理士等に相談をして事務に支障が出ないように心がけることが求められます。

その他にも会社設立により所得税の納税が必要になってくるでしょう。会社設立以後は決算などにより書類がガラス張りになります。税務署から入らぬ疑いを掛けられないように、正しく申告書類の作成を行い、正しく納税をすることが必須であることを肝に銘じて行動することが大切となります。従業員に対する源泉徴収票は、従業員がその後個別に確定申告を行いうるので、誤りがあると色々と波及して困ることに繋がるため、特に注意が必要です。

Copyright(c) 2016 . 会社設立のノウハウを学んで会社設立を盤石に All Rights Reserved.